<< きれいなもの 園芸とスムージー >>
ショートフィルムを作るということ
暑いですね…!!引っ越してから内陸地に住んでいるので、若干神奈川より暑く感じます。こんにちは、kayochipeです。

ちょっと前に入籍をしまして、これから色々な手続きをせねば、、、でも個人事業主だから色々考えるのが面倒なことが多々ありまして、うーんとうなっています。男に産まれたかった…!!!


先日、映画祭で念願の『The Dam Keepr』を観る事ができまして、とっても感激しました…!!すっごい綺麗な絵、かわいいアニメーションで素晴らしかったです。短いながらにぎゅっと濃縮されたストーリーで、あっという間の20分弱でした。あの光の表現は本当に素晴らしい。。。絵画が動いてるみたいでした。ブタちゃんの動きがまた可愛くって、笑うところとかキュンキュンしました(笑。

他のショートフィルムも面白いものが多く、フランスの『サンチアゴ巡礼』も個人的に好きでした。3DCGっぽくない、色鉛筆と水彩を交えたテクスチャ?シェーダー?が新鮮で面白かったです。単調でしかもフランス語だったので、隣で旦那は寝ていましたが…(笑。

でもやっぱり、ちょっとブラックな要素が入っているフィルムが多くて、死んだり、血がでたりとか、そういった表現が多かったです。個人的に、そういう要素は好きじゃないので、なんだかな〜と思っておりました。ストーリーも、なんだかはっとする物がないなか、フランスの作品はさすが独特ですごいな、という感じでした。
難しいですね。


堤監督がご自身のブログで、ショートフィルムは「できないと思っていたことに挑戦することで学ぶ」という目的で取り組んで来たと書かれていました。いつまでも学びの姿勢というか、常に向上心を持つというのは、アーティストにとって本当に大切ですよね。尊敬します。

比べられないのですが、私も去年末、ちょぴっと作ったホリデー用のアニメーションが、アニメーターになって初めてのショートフィルム(?)だったのですが、私が何が出来るのか、というデモリール的な材料にもなりましたし、自分に足りないこと、もっとやりたいこと等をたくさん発見する事ができました。また少なからず、学ぶことができて技術の向上にも役立ったと思います。
この前いただいたお仕事も、この作品で多少信用してもらえたのかな、と思って作って本当に良かったなと今も感じています。(決して、作品の質に満足している訳じゃないのですが)

ということで、私も常に学び続けていきたいですし、自分のできることが増えたり、視野が広がったら本当に楽しいだろうな、と思うので、これからもショートフィルムをもっと作っていけたらいいな!と思いました。現に自分の作品を作ることは楽しいですし。完成した時が一番楽しい。途中はいろいろあります(笑。

先輩から教えていただいたコンペに、この前ぎりぎり応募してみました。絵コンテ大変だな…!背景描くのも、カメラ考えるのも慣れてないので、苦戦しましたが…。全力でやりきることが大事!カメラワークとか脚本も、勉強すれば楽しくなるのかな〜。なるようになるか〜。

私の絵コンテ、ちょっとは引っかかってくれますように…!(神頼み)
久々に長い日記でした。
[PR]
by kayochipe | 2014-06-02 11:45 | 日記
<< きれいなもの 園芸とスムージー >>