<< ご卒業2 大勘違い >>
『Waking Sleeping Beauty』
昨日は仕事待ちだったので(実質休日)、餃子をつくったり、ルームメイトと散歩して近所のコミュニティセンターを見つけたり、夜はSpark Animation '10の会場へ足を運びました。SparkはSIGGRAPHのバンクーバーversionです。DreamworksとPIXARのプレゼンテーションも聴きに行く予定!

f0194317_1151334.jpg

この映画、ウォルト・ディズニーが亡くなってからの社長交代劇から、リトル・マーメイド~ライオン・キングの第二の黄金期という成功にいたるまでを、当時の映像と関係者の解説とともにまとめたドキュメンタリー映画です。ヒストリーの授業で習ったけど、ほとんど人名とか忘れてた。とても面白い内容でした。早口英語の情報いっぱいで、どれだけ理解できたか分からないけど。

スタジオが迷走してる状況とか、スタジオから追い出されてみんなプレハブ小屋で映画作ってる状況とか、あまり知らなかった。明日仕事があるか分からない状態でも、家族との時間を犠牲にしても、体がボロボロになるまで仕事しても、前に進むしかないというアーティスト達の姿を見たら胸が熱くなりました。みんなそんな状況でも前向きに楽しんでたし。

どんな思いをしてもいいから、「この作品に関われて、このチームの一員になれて幸せだ。」と最後に思えるような仕事がしたいな~と思った。

ちなみに、若かりし頃のティム・バートンは、ほんとに絵に描いたような暗くて不気味なキャラクターで大爆笑でした。映画のところどころに似顔絵や、映画のシーンや楽曲がはさまれていて、とても楽しいし感動しました。あの頃の映画、スクリーンで観たいなぁ。(私はその時ディズニーに興味がなかったので、映画館で一度も観た事がないのです・恥)

この映画、よくできてた。エキサイティング。

予告編こちらで見れますので、よかったらぜひ観てみてくださいね。
[PR]
by kayochipe | 2010-09-10 01:37 | 映画
<< ご卒業2 大勘違い >>